【3歳】くもんの体験学習に行ったけど入会しなかった理由

数字が好きな息子に何か楽しい習い事をさせたいなと思って、数か月前にくもんの体験学習に行きました。

家の近所にはいくつかくもんの教室がありますが、とりあえず一番近いところに申し込み。体験は4回も通えて、勧誘とかもなく満足度の高いものでした。

ただ、結局入会はしませんでした。

くもんに入会しなかった理由

家庭でもできそう

私自身はくもんに通ったことがないので、塾みたいな感じだと間違った認識をしていました。先生は丸付けとかをしてくれるだけで、勉強を教えてくれたりするわけではないんですね。

宿題は家で親がみてあげないといけないし、教室でも特に先生が何かしてくれるわけではなく、基本的にプリント代?場所代?みたいに感じました。

それなら、くもんや学研の市販のワークブックを家でやれば良いのかなと。

ネット上でも印刷できるワークをアップしてくれているサイトが色々あるし。

入会しなかったものの、くもんの体験学習がきっかけで家でワークをやるようになりました。

宿題が大変そう

くもんでは毎日10枚くらい宿題をやらないといけません。家で自由にやるワークなら、一日にやる枚数も自由だし、やらない日があったって良いですが、くもんに通ったらやらない日があったら溜まっていくし、何だか親のプレッシャーがきつそうと感じました。

風邪とかで体調が悪い日もあるし、お出かけして疲れてしまう日もあります。そういう日にできなかったら翌日に2倍の量をやることに。

毎日の勉強の習慣づけってことなんだと思いますが、3歳からやらせる必要はないと感じました。今はもっと自由に、好きな数字を堪能して欲しいというか、くもんはちょっと違う気がしました。

私自身がこういう1日のノルマみたいなものを決められるのが嫌いというのも大きかったです。

月謝ほどの価値を感じなかった

色々と思うところはありますが、それでも月謝がもっと安かったら試しに通ってみたと思います。

ちょうど最近値上げしたとかで1ヶ月1科目7020円。基本的にプリント代で7020円はちょっと高いなと感じました。

7020円あれば、市販のワークブックを10冊くらい買えます。実際、1ヶ月で10冊もできないですし、ネット上のワークを家でプリントすればもっと安くすみます。

くもんに通ったところで親がみてあげないといけないなら、市販のものを家でやれば良いなぁと思いました。

まとめ

そんなわけで、くもんは体験に行ったものの入会はしませんでした。ただ、市販のくもんワーク、くもん鉛筆なんかは愛用しています笑。

そして、3歳児には微妙と思いましたが、小学生くらいになったらまた入会を考えることもあるかもしれません。

体験自体は4回も通えて雰囲気がつかめたし、勧誘などもなかったのでとても良かったです。